Bingという言葉をご存知でしょうか?
BingとはGoogle検索と同じく、検索エンジンのことを指します。

Bing自体を知らない方も多くGoogleと比べても圧倒的に利用者数が少ないことからBingに対するSEO対策を行う方はあまりいらっしゃいません。しかし、Webサイトへ少しでも流入を増やすと言った意味合いではBingに対するSEO対策も重要になってきます。

そこで今回はBingで行うべきSEO対策とGoogleとの違いについてまでを解説しておりますので、ご覧ください。

Bingとは?

Bingの検索画面

Bingで行うSEO対策をご説明する前にBing自体を知らない方も多いと思いますので、まずはBingとは何かについてご説明していきたいと思います。

Bingとは、Microsoft社が提供する検索エンジンであり、正式名称は「Microsoft Bing」と呼びます。

Microsoft社の発表では、Bingはユーザーの意思決定を支援する次世代検索サービスと呼び、Googleと大きく異なる点は検索結果をカテゴリーごとに分けて表示を行っている点となります。

BingとGoogleの検索結果の違い

上記お写真を見ても分かるとおり、「りんご」と検索しただけでもBingとGoogleでは検索結果の表示形式が異なります。
Googleでは現在Googleマップが上位へ表示されておりますが、一方Bingではりんごの通販に関する結果やBing上部にカテゴリーが記載されており、「栄養成分」や「レシピ」など次に検索したいと思うような内容が既にカテゴライズされているおります。

Googleとの検索結果に違いが生じると聞いただけでもBingで行うSEO対策に少し興味が出てきませんか?

Bingで行うSEO対策とは?

では早速Bingで行うべきSEO対策についてご説明をさせていただきます。

Bingでは独自のウェブマスターガイドラインが設けられていることや独自のウェブマスターツールが存在するため、それぞれを活用していくことでSEO対策を行っていくことが可能になります。

BingではGoogleとの評価基準と類似している部分があるため、ある程度GoogleでのSEO対策が取れているWebサイト(記事)であればBingでもそれなりの順位を取ることは可能ですが、Bingでは独自の検索アルゴリズムを採用しているためBingのアルゴリズムに沿ったSEO対策を行わないと上位表示ができないという点もあります。

ウェブマスターガイドライン


前項でもご説明をいたしましたがBingでは独自のウェブマスターガイドラインが定められており、このガイドラインではBingが検索アルゴリズムで重要視している点について記載されておりますので、ガイドラインに沿ってWebサイトの最適化を行うとSEO対策が進み上位表示を達成することが可能となります。

1. 関連性
関連性とは、検索クエリに対しランディングページに存在するコンテンツがどれほど一致しているのかを指します。これはページに直接一致している用語のみならず参照元のリンクで使用されている用語も全て含まれます。Bingでは、同義語や省略用語などの意味的に同等の用語も考慮します。クエリと完全一致ではなくとも同じ意味を持つと理解しています。

2. 品質と信頼性
Webサイトの品質と信頼性にはページ自体の評価が含まれます。これには作成者またはサイトの評判、談話のレベルなどの要素が含まれます。(例えば、引用やデータソースへの参照を含む記事はより高いと見なされます)引用データソースを説明しないものより品質が高い。Bingは、名前の呼び出し、不快な発言を含むコンテンツを降格させたり、軽蔑的な言葉を使ってポイントを作成したり、コンテンツの完全性、著作者の透明性を示します。

3. ユーザーエンゲージメント
Bingは、ユーザーが検索結果をどのように操作するかも考慮します。ユーザーのエンゲージメントを判断するために、Bingは次の様な質問をします。ユーザーはクリックして特定のクエリの結果を検索しましたか?その場合、どの結果ですか?ユーザーはクリックスルーしたこれらの検索結果に時間を潰たか、それともすぐにBingに戻ったか。ユーザーはクエリを調整または最定式化しましたか?Bingウェブマスターダッシュボードは、ユーザーがウェブページを操作する方法についての洞察を提供します。

4. 鮮度
通常、Bingはより「新鮮」なコンテンツを好みます。つまり、ページは常に最新の情報を提供します。多くの場合、今日作成されたコンテンツは、今から数年経っても関連性があります。ただし、場合によっては今日作成されたコンテンツがすぐに古くなることもあります。

5. 場所
ランキング結果では、Bingはユーザーがいる場所(国および都市)、ページがホストされている場所、ドキュメントの言語、またはページへの他の訪問者の場所を考慮します。

6. ページの読み込み時間
ページの読み込み時間が遅いと、コンテンツが読みおまれる前に、訪問者がWebサイトを離れ、他の場所へ情報を探す可能性があります。Bingはこれをユーザーエクスペリエンスの低下と不十分な検索結果と見なす場合があります。常にページの読み込みが早い方が優れていますが、ウェブマスターはページの読み込み速度の絶対値と前向きで便利なユーザーエクスペリエンスのバランスを取る必要があります。

※引用元:Bing Webmaster Guidelines
※日本語訳引用元:SEOラボ

とこのようにコンテンツに関する重要な6つの要素がガイドラインへ記載されております。
このガイドラインを見ても分かる通りGoogleの評価基準と類似している部分が多々あるため、一通りGoogleの評価基準通りにコンテンツを制作していけば、Bingでも自然と検索順位が上がります。

ウェブマスターツールの活用


BingではGoogleと同じようにBing独自のウェブマスターツールが存在します。
Googleで言うサーチコンソールに値するツールからBingへサイトのインデックスを促すことが可能となりますので、制作したコンテンツはウェブマスターツールを使ってインデックスを促すことで迅速にBingでインデックスされ結果的にSEO対策の効果を高めることができます。

Bingのウェブマスターツールはこちらから!
ウェブマスターツール
※Bingのウェブマスターツールを使用するには、ログインが必要になります。Microsoft、Google、Facebookいずれかのアカウントでログインを行うことも可能です。

Googleとの違いについて

ここまでのご説明で何となくBingで行うSEO対策はGoogleと同じような対策を行っておけば問題ないと思う方も多いと思いますが、実際にはBingとGoogleでは検索結果の違いが生じるため、何故このような事になるのかについてご説明をしていきたいと思います。

Googleは企業を優先


GoogleとBingの検索結果について最も大きな違いは、Googleは企業のWebサイトを優先に上位表示を行っていることにあります。

ウェマで制作したコンテンツを例に挙げて見てみましょう。
Bingでは1位のコンテンツがGoogleでは上位に表示されておりません。
※ウェマは現在フリーランスが運営するWebサイトとなります。

Bingでは、企業や個人は関係なくコンテンツの質やWebサイトの最適化状況を見て検索順位を定めているため、質の良いコンテンツを制作すれば上位表示は比較的狙いやすい検索エンジンと言えます。

一方でGoogleでは、企業のコーポレートサイトや企業が運営するオウンドメディアを優先的に上位へ表示している傾向にあります。そのため、個人が運営するWebサイトのコンテンツはGoogleでは上位が狙いにくいということが現状存在します。

SEO対策をしっかり行い質の良い記事を書いているのにGoogleで中々上位表示されないという方は一度Bingで検索をかけて検索順位を見てみると良いかもしれません。

もしBingでも検索順位が低いというコンテンツであれば、コンテンツ自体に問題があるかもしれませんので、見直すのに最適な機会と言えます。

まとめ

BingでのSEO対策とGoogleとの違いについてご説明を行いましたが如何でしょうか?

Googleでは企業を優先に上位表示しているとご説明をしましたが、個人が運営するWebサイトでは上位表示が狙えないというわけではございませんので、ご安心ください。

Googleの基準に沿ったSEO対策を心がけて行い、Bingでの検索順位も確認しつつSEO対策を行っていくとより円滑により明確にコンテンツを上位表示させるのに必要な対策が取れると思います。

ウェマのWebアドバイザーでは、Bingで必要なSEO対策についてもサポートを行うことが可能ですので、是非ともご利用ください。

SEO対策でお悩みならWebアドバイザーへ!
詳しくはこちら!

ライター

ジャーカフ章アンソニー
ジャーカフ章アンソニー代表
ウェマ代表。1994年生まれ。某大手派遣グループ会社にて採用コンサルタントを2年間務めたのちにミドルベンチャー企業にて、多種多様なお客様のWebサイトコンサルティングを実施。3年間で延500社を超えるお客様のWebマーケティングに対する課題解決を行った実績を持つ。現在はウェマの代表として日本国内へWebアドバイザーの普及を行っている。