SEO対策における施策の一つである被リンクとはご存知でしょうか?

良質なコンテンツの更新を行っているのにも関わらず検索順位が上がらないとお悩みの方がおりましたら、おそらく原因はこの「被リンク」にあるかもしれません。

Googleでは検索順位を定める基準には、良質なコンテンツやサイト構成などの他に被リンクの数や被リンク先の質も問われます。

そこで今回は被リンクとは何か?その基礎から自分でできる対策までをご紹介しておりますので、ご覧ください。

被リンクとは?

それでは早速、被リンクのご説明からさせていただきます。

被リンクを簡単にご説明すると外部のWebサイトから自身のWebサイトへ向けられたリンクのことを指し、被リンクの他にBacklinkや外部リンクなどと呼ばれることもあります。

つまり自身が運営していない第三者のWebサイトに自身のWebサイトのURL(リンク)が添付している状態のことを被リンクと言います。

なぜ被リンクは重要なのか?

自身のWebサイトの検索順位を上げたい場合には被リンクはとても重要な施策となりますが、ではなぜ重要であるのかについてご説明いたします。

冒頭でご紹介をした内容と重複してしまいますが、重要である理由はGoogleの評価基準の一つであるからです。

そもそもWebサイトを巡回しているのは人間ではなくクローラーというロボットが巡回を行っており、ロボットの判断ではWebサイトにあるコンテンツが良いのか悪いのかが分かりません。

そのため、ユーザーつまり人間が見て良質だと判断したコンテンツには多くのリンクが貼られているという概念から、被リンクは重要な立ち位置となりました。

論文などを作成する際にも、「引用」や「参照」を使われることと同じくWebの中でもリンクとして引用や参照を使われることが多くその結果、被リンクという概念が生まれGoogleの評価基準に定められたということになります。

被リンクのメリットとは?

ここまでのご説明で被リンクについては何となくご理解頂けたかと思います。

では実際に被リンクを獲得した場合のメリットとはどのようなものがあるのかについてご紹介をしていきますので、ご覧ください。

検索順位が上がりやすくなる


これは、Googleの評価基準に定められていることから言えることでありますが、被リンクを獲得している場合Google検索での検索順位が上がりやすくなるメリットがあります。

良質な被リンクが多いコンテンツには「ユーザーにとって有益な情報」が記載されているとGoogleから評価してもらえるため、検索順位が上がりやすくなり上位表示を狙うことが可能になります。

ドメインパワーが上がる


ドメインパワーとは、Webサイトのドメイン(URL)自体が持つ信頼度や実績を数値にしたもので、良質な被リンクを多く獲得していることでコンテンツのみならずWebサイト自体も信頼ができる「良質なWebサイト」であると評価してもらえます。

クローラーの巡回率が上がる


被リンクがあることによりクローラーの巡回率が上がることもメリットと言えます。

クローラーの巡回率が上がることで、ユーザーのとって有益な情報が記載されたコンテンツであるとクローラーが判断するため結果的に検索順位が上がりやすくなります。

良質な被リンクとは?

冒頭から何度か記載しておりますが、「良質な被リンク」とは何かについてご説明をさせていただきます。

良質な被リンクとは簡単にご説明するとユーザーが自身の手で自然に貼ったリンクのことを指します。
論文のご説明とも繋がりますが、自身の記事と第三者の記事に関連性があり、第三者が自身の記事が専門性が高いと判断したことにより引用という形でリンクを貼った場合、これは良質な被リンクと言えます。

悪質な被リンクとは?

良質な被リンクがどういうものかを理解した上で、反対に良質ではない悪質な被リンクとはどういうものなのかについてご説明いたします。

無意味なリンクの羅列


後ほどご紹介しますが、被リンクは一部企業へ外注することも可能です。
しかし、外注先の企業によっては全くもって無意味なただリンクを羅列しただけのサイトへ被リンクを行う場合があり、これは反対にGoogleからペナルティを受けてしまう可能性がありますので、ご注意ください。

また、業者からリンクだけを購入しそこへ見掛け倒しの被リンクを貼ることも同じくペナルティを受ける可能性がありますので、決して行わないようにしましょう。

無関係なサイトからの被リンク


被リンクの効果を高める場合には、自身のコンテンツと同様の専門性があるサイトへの被リンクが好ましいため、自身のコンテンツやWebサイトと全く関係のないサイトからの被リンクはあまり効果がありません。

必ず良質な被リンクを獲得できることに注力しましょう。

隠しリンク


隠しリンクとは、Webサイトの中へユーザーに隠したように貼られたリンクのことを指します。

例えば、背景と同色のテキストにリンクを貼ることやユーザーの目に留まることのないフォントや画像のサイズにリンクを貼ることなどがあげられます。

隠しリンクは現在スパム扱いとなるため、ペナルティの対象となります。

被リンクを獲得するには?

ここまでのご説明で被リンクの重要性や被リンクの質についてご理解いただけたと思いますので、早速ここから被リンクの獲得方法についてご説明を行っていきます。

被リンクを獲得する方法には3つのパターンが存在するため、それぞれ分けてご紹介させていただきます。

良質なコンテンツを発信していく


被リンクを獲得する上で最も大切なことが良質なコンテンツを発信していくことにあります。
そもそも人にとって有益にはならない情報は誰も見たくはありません。良質ではないコンテンツを更新していても誰も被リンクを行うこともなく記事自体を訪れても最後まで見ずに終わってしまうなんてこともあります。

良質なコンテンツ、つまりユーザーにとって有益な情報を更新していくことで、記事を見た第三者が被リンクを行ってくれる可能性が増えるため、地道な作業にはなりますがコンテンツの質を高めていきましょう。

自分で被リンク対策を行う


自分で行う被リンク対策については後ほど詳しくご説明を行いますが、Web上に存在する無料のツールやSNSなどを駆使した被リンクを自分で行うことも可能です。

それなりの手間を有するのであまり自分で被リンク対策を行うという方は多くはありません。
しかし、多くないからこそ自分で被リンク対策を行っておけば競合サイトよりも早く検索順位を上げられる可能性が開きます。

企業へ依頼する


一番手っ取り早く被リンクを獲得する方法は企業へSEO外部対策つまり被リンクの依頼をすることです。

ただし、依頼先の企業によっては全く良質ではない被リンク先やそもそも費用がとてもかかるなどのデメリットがたくさんありますので、被リンクを外注する場合には慎重に企業を選びましょう。

自分で被リンク対策を行う方法とは?

被リンクを獲得する方法へ記載をさせていただいた、自分で被リンクを行う方法についてより詳しくお話をしていきたいと思います。

いくら良質なコンテンツを更新して行っても、立ち上げたばかりのサイトなどで被リンクを獲得するまでには、それなりの時間を有してしまいます。

そこで、立ち上げたばかりのサイトでも自分でできる被リンク対策についてご紹介をしておりますので、以下をご覧ください。

ペライチ


ペライチ
ペライチとは、無料で高品質なホームページを作成できるサービスであり、自身のサイトと関連性のあるページを作成しそこへリンクを貼ることで被リンクの獲得が可能となります。

ページを作成しなければならないため、多少の手間はかかってしまいますが、ペライチ自体が持つドメインパワーを被リンクにより得られるため自分で対策を行っておいて損はない対策となります。

Tumblr


Tumblr
Tumblr(タンブラー)とはSNSとブログの中間に位置するサービスであります。
登録したのちに投稿へ自身のサイトのリンクを貼ることで被リンク効果を得ることが可能となります。

登録から投稿まではとても簡単なものになりますので、自分で被リンク対策を行う上では外せないサービスと言えるでしょう。

Linktree


Linktree
Linktree(リンクツリー)とは、自身が運営しているWebサイトやSNSなどのリンクを全てまとめられるサービスとなります。

作成するのに若干の手間はかかりますが、こちらにリンクを貼ることで被リンクの効果を得ることが可能です。

Litlink


Litlink
Litlink(リットリンク)とは、Linktreeと同様に自身が運営しているWebサイトやSNSなどのリンクを全てまとめることのできるサービスとなっております。

こちらも若干の手間はかかりますが、リンクを貼ることで被リンク効果を得ることができます。

HTML名刺


HTML名刺
HTML名刺とは、Web上で簡易的な名刺を作成しWeb上で公開することのできるサービスになります。

Twitterのアカウントがあれば簡単に作成することのできるサービスでありリンクを添付することができる上、被リンク効果も得られます。

ドメインパワーランク


ドメインパワーランク
ドメインパワーランクとは、自身のWebサイトのドメインパワーなどを調べることのできるサービスとなります。

こちらへ会員登録を行い、ドメインパワーランキングへの掲載を許可することで当サイトのランキング掲載と合わせてリンクの掲載が可能となり、こちらも被リンク効果を得ることが可能です。

ブログサークル


ブログサークル
ブログサークルとは、ブログの運営を行っているユーザー同士が自身のブログを紹介できるサービスとなっております。

会員登録を行い、自身のブログのリンクを貼ることで被リンク効果を得ることが可能です。

はてなブックマーク


はてなブックマーク
はてなブックマークとは、ユーザーが後で読みたいと思っているコンテンツをまとめられるサービスになります。

会員登録を行い自身のWebサイトをはてなブックマーク上でブックマークすることで、被リンク効果を得ることが可能です。

自分で対策を行った場合の効果は?

ここまで自分でできる被リンク対策の方法についていくつかご紹介いたしましたが、気になるところはその効果だと思います。

実際にウェマでいくつか検証してみた結果を以下へ記載しておりますので、ご覧ください。

旧ドメインパワーランキングの表示形式

上記画像はウェマのサイトを公開した3月当初のドメインパワーになります。
被リンク数はゼロであり、ドメイン年月も1ヶ月にも満たないためドメインパワー自体の数値は0となっております。

現在のドメインパワーランキングの表示形式

上記画像はウェマのサイトを公開してから2ヶ月経った5月時点でのドメインパワーとなります。
経った2ヶ月で6.7まで増やすことができ、この数値を得ることができたのは自分でできる被リンク対策を行った結果の数値となり、現在は多くの被リンクを獲得することに成功しております。

このように自分で行う被リンク対策にもしっかりと効果が現れますので、活用しない手はないと言えるでしょう。

被リンクを確かめる方法

良質なコンテンツをある程度増やしていったら気になることが、実際に被リンクされているのか?被リンク先とはどういうところなのか?という点ですよね。

Googleサーチコンソールでも被リンク先を把握することができますが、サーチコンソールでは確認しきれない被リンク先も中にはあります。

Backlink Checker
そこで活用したいのがahrefsが無料で提供しているBacklink Checkerというサービスです。
こちらに自身のWebサイトのURLを入力し検索を行うと実際の被リンク数や被リンク先を把握することが可能ですので、是非ともご活用ください。

まとめ

今回被リンクとは何か、その重要性とできる対策についてご紹介いたしましたが、如何でしょうか。

被リンクは自社サイトの運営やブログの運営には欠かせない対策となりますので、まずは自分でできる被リンク対策を行い、その後は手間と時間がかかりますが良質なコンテンツをたくさん発信していきましょう。

ウェマのWebアドバイザーでは、被リンク獲得に必要なことや良質なコンテンツの書き方などを専属のWebアドバイザーがサポートいたしますので、是非ともご活用ください。

被リンクにお悩みならWebアドバイザーへ!
詳しくはこちら!

ライター

ジャーカフ章アンソニー
ジャーカフ章アンソニー代表
ウェマ代表。1994年生まれ。某大手派遣グループ会社にて採用コンサルタントを2年間務めたのちにミドルベンチャー企業にて、多種多様なお客様のWebサイトコンサルティングを実施。3年間で延500社を超えるお客様のWebマーケティングに対する課題解決を行った実績を持つ。現在はウェマの代表として日本国内へWebアドバイザーの普及を行っている。