日本でもメジャーなSNSの一つであるInstagram(インスタグラム=以下インスタ)は今や運用次第では大きな収益増を目指せるSNSとも言われており、企業から個人事業主まで様々な方が運用を始めております。

インスタをきっかけに、顧客の獲得に成功した事例から採用までも成功している企業などインスタのアカウント運用は大きな可能性を秘めております。

そんなインスタのアカウント運用について抑えておきたいポイントをまとめましたので、ご覧ください。

インスタとは?

インスタとは、写真や動画の投稿に特化したSNSです。

インスタの詳細につきましては割愛させていただきますが、簡単にご説明をすると画像や動画の投稿に特化したSNSになります。

正式名称はInstagram(インスタグラム)であり、日本では「インスタ」という名称で呼ばれることが多いSNSであり、Meta社(旧Facebook社)が運営しております。

日本国内のアクティブユーザー数は、3,300万人(2019年時点 ※ユーザー数についてhttps://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2)にも及び、個人から企業まで幅広く利用されており、まだ活用されていない方は間違いなく活用するべきSNSと言えるでしょう。

インスタのアカウント運用について

ウェマのインスタ公式アカウント

インスタにおけるアカウント運用とは、自身の持つInstagramアカウントを使って集客や採用活動を行っていくWebマーケティング手法になります。

インスタは、10代〜50代までと幅広い年齢層が利用しており利用者の男女比は4:6となっておりますので、様々な方へインスタを使ってアプローチを行えることが魅力となります。

ただし、注意点もあり、運用の仕方次第ではマイナスなイメージを持たれてしまうケースもございます。
そのため、予め運用していくインスタアカウントの方向性やプロフィール、投稿内容などは決めておくと良いでしょう。

インスタのアカウント運用事例

インスタのアカウント運用のポイントについてご説明を行う前に、まずはアカウントの運用事例としていくつかご紹介をさせていただきます。

そこから運用のポイントとなる点について解説を行っていきますので、ご覧ください。

美容系アカウント


インスタの美容系アカウント

インスタで特に多いアカウントのジャンルはこの美容系のジャンルと言っても過言ではないでしょう。

個人から芸能人、企業まで様々な方がインスタを使って美容に関する情報発信を行っており、上記アカウントは美容系のアカウントの中でフォロワーが特に多い芸能人と企業をピックアップさせていただきました。

ファッション系アカウント


インスタのファッション系アカウント

インスタでは美容系に並び多いアカウントのジャンルがファッション系のアカウントになります。

特に近年では古着ブームなどもあることから、古着屋さんのアカウントや古着屋さんで働いている方のアカウントで、現在販売しているアパレルアイテムをご紹介するアカウントが近年急増しております。

着こなし術に関する情報発信からトレンドアイテムのご紹介など個人及び企業でアカウント運用に成功している事例をピックアップしております。

飲食系アカウント


インスタの飲食系アカウント

近年インスタで増えつつあるアカウントのジャンルが飲食系となります。

飲食系では個人から企業まで様々な方がアカウント運用を行っており、比較的PV数も稼ぎやすいジャンルの一つになります。

飲食店のご紹介やレシピのご紹介、インスタで映える飲食のご紹介など飲食系アカウントには更に細かいジャンルに分かれているため、飲食系はまだまだ伸びていくアカウントのジャンルと言えるでしょう。

インスタのアカウント運用のポイント

インスタのアカウント運用事例についていくつかアカウントをご紹介させていただきましたが、おそらくここでお気づきの方もいらっしゃるかと思います。

インスタのアカウント運用で最も重要なことはアカウントの方向性(ジャンル)を決めて運用を行っていくことになります。

インスタでフォロワーを増やすためには投稿に統一性を持たせて情報を発信していくことで、自然とアカウントに対しファンを獲得することができ、結果的にフォロワーを獲得することができます。

そのため、これからインスタのアカウント運用を本格的に始めようとお考えの方は、まずはアカウントの方向性をしっかりと定めておくと良いでしょう。

プロフィール画像は明確に


インスタのアカウント運用ではプロフィール画像の設定もとても重要になります。

プロフィール画像を見て「何の情報を発信しているのか?」、「個人なのか企業なのか」ということをプロフィール画像で明確にしておくと自身の運用するアカウントにファンがつきやすくなります。

また、プロフィール画像は硬すぎず緩すぎず程よい画像を設定しておく必要があるため、企業アカウントの場合には企業ロゴのみを設定することが良いでしょう。

アカウント名


アカウント名は運用するアカウントによって設定しておくべき内容が変わってきます。

飲食系と美容系のアカウントを比べていただけるとお分かりになると思いますが、企業名若くは個人名のみのパターンとどのような事を紹介しているアカウントなのかが分かるようにアカウント名へ記載しているパターンがあります。

これらはブランディングに値するため、自身が運用しているアカウントのジャンルによって設定するべき内容を変えていきましょう。

企業の場合なら「〇〇売上No.1の株式会社〇〇」、「〇〇でお悩みなら〇〇へご相談ください!」などの内容をアカウント名へ記載しておくとユーザービリティが向上します。

自己紹介


自己紹介欄ではユーザーに対し親しみやすさやアカウントの専門性についてなどを記載しておくと良いでしょう。

インスタアカウントの自己紹介欄では絵文字や記号などを使用することもできるため、おしゃれなアカウントにしたい場合には、絵文字や記号などを使って装飾を加えるとファンを獲得することができます。

特に最初の3行はユーザーの目に入る項目となるため、最初の3行へアカウントが伝えたい思いやユーザーにとって有益になる情報が発信されていること、何の企業であるかを明確に記載しておくと良いでしょう。

投稿デザイン


ウェマの公式インスタアカウントの投稿デザイン

投稿をしていくデザインは、統一性を持たせましょう。

デザインを統一しておくことで、ファンの獲得を容易にすることやどの様なデザインがユーザーにとって響くのかを分析することも可能になります。

デザインを作成したことがないという方も以前ご紹介したCanvaというツールを使えば簡単に高品質な投稿用デザインを作成できるのでおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。(Canva(キャンバ)とは?その特徴から使い方までを解説!

ハッシュタグの活用


インスタで投稿を行っていくときにとても重要になるのがハッシュタグの活用になります。

フォロワーが0〜1,000人程度の少ない段階では投稿へハッシュタグを毎回必ず上限である30個付けるようにし、設定するハッシュタグは投稿件数が極端に多いもの若くは極端に少ないものは付けない様にしましょう。

おおよそ投稿件数が1万件〜多くとも50万件程度のハッシュタグを活用していくといいね及びフォロワーの獲得に繋がりやすいと言われており、実際にウェマでインスタアカウントを運用した結果その通りであった分析結果も出ております。

投稿時間は19〜21時の間


インスタで投稿を行う時には、ユーザーがインスタを最も見る時間である19時〜21時の間で投稿を行っていくことがおすすめです。

日中は会社員や学生がスマホを見る時間が減るため、極力この時間に投稿することを避けるとエンゲージメント率も上がりインスタからアカウントに対し良い評価を得られる可能性が上がり、結果的にユーザーへ自身の投稿が届く様になります。

1日いいね周りを500件


インスタのフォロワーが少ない段階では中々アカウント自体がユーザーに届くことがなく、いいねがされないことやフォロワーを獲得できないケースが多々あります。

アカウント運用をはじめたての場合、自身が投稿時につけたハッシュタグから様々な方の投稿を見て「いいね」をしていきましょう。

インスタでは24時間で最大1,000件のいいねを行うことが可能でありますが、この上限を超えてしまうとアカウントが一時的にスパムアカウントと見なされいいね周りが出来なくなってしまい、最悪の場合アカウントが凍結に至る場合もあります。

そのため、1日に500件を目処にいいね周りをすると効果的にいいね及びフォロワーの獲得を行うことが可能です。

まとめ

インスタのアカウント運用について抑えておきたいポイントについて解説を行いましたが、いかがでしょうか。

既にアカウント運用を行っているが中々フォロワーの獲得ができず、結果的に集客にも至っていないということでお悩みでしたら、今回ご紹介したポイントを見直して見ると良いかもしれません。

ウェマのWebアドバイザーでは、インスタアカウントの効果的な運用方法についてサポートを行うことも可能ですので、是非ともご活用ください。

アカウント運用でお悩みならWebアドバイザーへ!
詳しくはこちら!

ライター

ジャーカフ章アンソニー
ジャーカフ章アンソニー代表
ウェマ代表。1994年生まれ。某大手派遣グループ会社にて採用コンサルタントを2年間務めたのちにミドルベンチャー企業にて、多種多様なお客様のWebサイトコンサルティングを実施。3年間で延500社を超えるお客様のWebマーケティングに対する課題解決を行った実績を持つ。現在はウェマの代表として日本国内へWebアドバイザーの普及を行っている。